YAMAHA×syncl 彩雨(摩天楼オペラ)

MM8:アヤメレイヤー

どうもお久しぶりです。摩天楼オペラの彩雨です。
というわけで、予告していたとおり今日は「アヤメレイヤー」のお話です。
前にも言ったけど、彩雨のコスプレをしている人のことではないよ。

レイヤーというのは層という意味で、音を何層にも重ねてっていうのはシンセサイザーをいじるときの基本操作の一つです。

彩雨も今日は作業で一つ音を作っていたのですが、今日やった音色は3層からなっていて、一つが軸になる音、あとの二つは同じ音なんだけど一つは出だしだけピッチ上がり目、もう一つは出だしだけピッチ下がり目になってて、まとめて聞くと音の入り口だけちょっとコーラスがかかってるように聞こえる音色になってます。

ということで、MM8でなにかなにか音を作ってみよう!

といっても、オシレーターがどうしたこうしたとか、インサートエフェクトがどうしたこうしたとか、難しいことは考えなくてもいいよ☆
とりあえずなんかの音となんかの音を重ねてみればいいのさ。
MM8は前にも書いたけど、この音を重ねるということがすごい簡単にできる仕組みになってるので、もともと内臓されてる音色から二つ選んでみるといいよ!
重ねるといってもいろいろな選択肢があって、たとえば同じ音色を選んで、片方をちょっと音量下げて3つトランスポーズさせると、三度下でハモってるように聞こえたりね。
そのあたりは用途にあわせていろいろ応用利くからこそ、シンセサイザーという楽器はおもしろいのです。

今回は、なにか自分らしい音を作ってみよう☆そしてその音色にとか「○○(←これは自分の名前ね)なんとか」っていう名前をつけてみよう!
彩雨も実はライブで下段で使用しているYAMAHA MOTIF XSで「AYAME SYNTH」っていう音色を作っていて、ライブではその音色をすべての楽曲で使ってます。

というわけで、今回は「アヤメレイヤー」を作ってみました。

これはMM8に入ってる二つの音をそのまま重ねたんだけど、重ねたほうの音色を音量下げてオクターブ下にして、エフェクトのかかり方を若干いじってます。

ふわふわした音になりました☆
試聴ストリーミングのみ←クリックするとデモソングが流れます(PCで見てね)


シンセやってると音色ってのは本当に不思議で、プレイヤーが音色を支配しているようで、音色がプレイヤーのイマジネーションを支配しているところがあったりするんです。なにかこう、音色に導かれるようにフレーズができたり、曲ができたりね。

逆に、自分のイメージしてる音をいろいろいじって作り上げていったりできるのも、シンセのおもしろいところ。シンセとプレーヤーがイマジネーションとインスピレーションのキャッチボールをすることで、音の可能性も無限大に広がる感じです。なんかおもしろい音できたら聞かせてね☆

彩雨でした☆





2009-04-05 02:30:30投稿者 : 彩雨
この記事のURL コメント(0) nice!
コメント一覧
コメントはまだありません。